PLDDを使った治療方法|体の負担を軽減させます

メディカル

画期的な治療方法

看護師

身体への負担が小さい

椎間板ヘルニアを治療したい時には、PLDDがおすすめです。このPLDDは、従来の切開をして原因となっている部分を取り除く椎間板ヘルニアの治療方法とは違い、特殊な危機を用いてレーザーを照射することで原因部位を蒸発させる治療方法になります。従来の椎間板ヘルニアの治療は、自分の身体を切開する必要があるため、身体への負担が大きくなってしまいがちでした。これに対して、PLDDによる椎間板ヘルニアの治療は、自分の身体を切開する必要がないため、身体への負担が非常に小さく済みます。このようの、従来の治療よりもPLDDによる治療の方が、切開をする必要がないため、身体への負担が小さく、高齢の方にもおすすめすることができます。

すぐに社会復帰ができる

PLDDによる椎間板ヘルニアの治療が人気なのにはほかにも理由があります。従来の椎間板ヘルニアの治療の場合、全身麻酔を用いて手術をしなければいけないため、退院するまでに時間がかかってしまいがちです。症状の大きさなどにもよりますが、だいたい一ヵ月くらいはかかってしまいます。これに対して、PLDDによる治療なら、局所麻酔にだけで手術をすることができるため、すぐに退院をすることができます。だいたい数日もあれば退院できますし、場合によっては即日退院も可能です。このように、従来の椎間板ヘルニアの治療よりもPLDDによる治療の方が、より早く社会復帰をすることができるため、トータルで見た時の経済的な負担も小さくすることができます。

ヘルニアの新治療法

笑顔の女性

PLDDとは椎間板ヘルニアの治療法の1つで、レーザーによって組織の一部を蒸散させてヘルニアを解消するという手法を採用しています。身体への負担が軽いのが特徴で、手術は局所麻酔で行う上に日帰りも可能になっています。

椎間板ヘルニアの治療

病院

椎間板ヘルニアの治療法にはコルセットによる安静や薬物療法、ブロック療法があります。それらの保存療法でも症状が改善しない場合は手術が行われます。中でもレーザーを使ったPLDDは最も負担が軽い方法として人気があります。PLDDは保険適用外ですが、日帰り手術も可能ですので忙しい人に向いています。

内視鏡手術より簡単

医療

PLDDは椎間板ヘルニアをレーザーによって治療するという治療法です。これまで椎間板ヘルニア患者に対して行われてきた手術と比べ、全身麻酔が不要で局所麻酔でよく、日帰りや1泊入院でできるので人気があります。